メディカルアフェアーズ医師の役割と要件

社内では多くの職種の同僚と話し合います:医師+薬事+学術+生産+安全性管理+マーケティング+

メディカルアフェアーズ医師/Medical Affairs MD
対象とする製品は主に市販品

規制当局の承認を獲得し市場にて販売されている医薬品の適正使用の推進、効能追加等の可能性追求(育薬)を通して、「患者さんの利益増大」と医科学的側面からの「製品価値の最大化」に貢献する業務
* 製品のデーダ・エビデンスの作成のサポートとそれらの情報伝達を医学・科学的な面からサポートする
◆医師による自主研究を含む市販後の臨床試験の評価・サポート
◆臨床試験に関する学会発表・論文化などのPublication推進
◆販促資材、Web資料、説明会資料などの医科学的観点(EBM)からの確認
* 製品のライフサイクルマネジメント・・・市場に出た製品を育て、優良品としての
Evidennce収集をサポートする
* 社外有力医師/研究者(Key Opinion Leader:KOL)のマネジメント
(良好な関係の構築と維持)
* アドバイザリーボードなどのKOL関係活動の計画立案や実施
* 社内顧客(マーケティング、営業、開発、安全性管理など)への情報提供とCross-functionalな活動

 

日常業務には種々の文書作成やそのレビューもあります。

メディカルアフェアーズ医師として、求められること
 

メディカルアフェアーズ医師としての成功因子

1、高度な専門知識に基づく豊富な臨床経験と研究経験
2、会社で働くための姿勢(心構えと行動パターン)…3、ビジネススキルを身に着けている
4、担当製品に関する知識
5、他部門(開発、安全性管理、製造、営業、マーケティング)の理解、
6、コンプライアンス精神をもって、医学専門性を責任をもって主導する
 (単なる社内アドバイザーではなく)
7、グローバル、国内の社内、社外のステークホルダーとのコミュニケーションを円滑に行 
  い、責任をもって成果を上げる役割を果たす

「処方経験」と「効果や安全性についての患者ごとの反応観察経験」が役に立ちます。

なぜメディカルアフェアーズに医師が!!

メディカルアフェアーズ医師の強み

医師自身が顧客として製品を使用(情報提供を受け→処方)した経験があるので、
医師や患者という顧客の立場やニーズが理解できていること、
医薬品の対象疾患に関する知識が深く豊富であること、さらに幅広く医学専門性を基に高所からクスリの使用現場や裏側で起こることの知識や機転を働かせることができる。
しかも、KOLとの関係構築の際にはいろいろな機会(職場、学会、留学先など)で顔なじみであったり、共通の専門性を共有していることも多く、話が早い。

業界には専門用語があります。

メディカルアフェアーズに有用な業界トレンド、用語など

役に立つ用語

準備中