職務経歴書/RESUMEの作成
好印象でインパクトのある職務経歴書(CV/Resume)のポイント

求人会社からあなたと会ってみたいと言ってもらうためには
まず、あなた本人に代わってあなたの職務経歴書(CV: Curriculum VitaeまたはResume)に好印象を持たれるプレゼンをさせることがとても重要です。 

総論 
1、好印象を持ってもらえる文書を書くための心構え(三つのポイント)
①表現が分かりやすい
②レイアウトが良く見やすい
③適量で簡潔である

 2、インパクトのある構成 
和文職務経歴書も英文CV/Resumeも記載する項目はほとんど変わりませんが、職歴や学歴については 和文は古い順に、英文は新しい順に記載します。
(英文経歴書はイギリス式のCVとアメリカ式のResumeがあり、もともとは書式や記述項目、詳しさに違いはありますが、ここでは両者の折衷形式をとり、効果的な内容にするよう考えてあります)

記載項目
 ①氏名 Name
 ②住所  Address
 ③連絡先  Telephone, Mobile, E-mail
 ④希望職種と動機  Career Objective and the reason
 ⑤職歴概要(④の裏付け) Summary of professional experience
  (Professional experiences to support the career objective)
 ⑥年代順職歴 Professional experiences
 ⑦学歴  Education
 ⑧言語 Languages
 ⑨資格  Qualifications
 ⑩信用照会先 References 

上記の内容をA4サイズ1~3枚にまとめることを目標にする。
各論は面談の際に個別に行います。