転職について考えている方へ     転職サポートの立場より                                         

さまざまなスキルタイプ(専門分野)の方々の転職は今や人生の選択肢としてフツーになっています。このサイトを訪問された方は近いか遠いかは別として今後、転職の可能性を秘めた方ですね。 しかし、転職するならばその動機や理由はどのようなものですか? 自分の知識・経験・スキル・心構えは明確に整理されていますか? 転職のリスクを想定していますか?
今いる会社の内部異動で社内転職の可能性はありませんか? 転職によって改善されると思われることは何ですか?etc.
いろいろとコミュニケーションしたいことがでてきましたら、どうぞ私へ電話メールでご連絡・ご相談ください。弊社の登録フォームからのコンタクトも勿論、お勧めします。転職4回と製薬会社で専門職の中途採用を担当した経験を活かして、皆さんと一緒に考え、最善の方向を見つけるために、情熱とスキルを注いでサポートをさせていただきます。

ミッドキャリア採用をご担当の方へ       求人・採用サポートの立場より                            

ミッドキャリア採用は企業にとっての@新しい機能の獲得や拡大 A仕事の質とスピードの向上 B職場環境の向上 etc. を効率的に実現させるための有効な方法のひとつであることは、多くの企業がこれを実践していることから明白なことです。しかし、上記の@ABを追及する過程で社外からの人材導入以外にも方法はありませんか? 該当するポジションへ適する資質の人材はもう社内にいないですか? 工夫された少しの教育やトレーニングで人のマインドセットやスキルは改善しませんか? 適材適所の見直しはしませんか? 業務拡大といっても現状の人数でまかなえませんか (Do more with less)? そのポジションはIn-sourceではやれませんか? そのポジションについて、人材戦略の見直しはできませんか?etc.。 これらの?に対する答えが Noでしたら、求めるスキルタイプは外部からの人材導入のほうが、やはり時間的にもコスト的にもベネフィットが大きいと考えられます・・・そのミッドキャリア採用は企業にとってメリットがあり、採用される人もハッピーであると言えます。 私は国内外の基礎研究・病院薬剤師・医薬開発・薬事・プロジェクトマネジメント・専門職採用・チェンジマネジメントなどを経験しておりますので、製薬・医療のミッドキャリアの求人は勿論、関連する案件やご相談などがございましたら、お役に立ちたいと存じます。 ご連絡をお待ちいたしております。

 

ゴールは 「 転職者側と採用側の双方のWin-Win 」 の仲立ちです

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」とローマ時代から言われるように、このサイトでは 「成功する転職は健全で正当な動機によって、会社発展につながるミッドキャリア採用は熟考された用意周到な受入れによって実現する」 との考えを共有させていただくことができれば幸いです。Win-Win関係を作るための、皆様とのコラボレーションが医薬転職EXB.COMの願いです。

メディカルドクター(MD: 医師)の製薬インダストリーへの転向/転職のススメ

「お医者さんは病院にいる」から「お医者さんは製薬会社にもいる」への変化:今日では「診療現場で一人一人の患者をケアすること」ばかりではなく「製薬インダストリーでより多くの患者のために医学知識と診療経験を発揮すること」が医師に求められています。これは転職というよりは臨床と製薬という左右のバッターボックスに立つスイッチヒッターへの転向というほうがよいかもしれません。昨今の製薬会社における医師の数、仕事の内容、メリット等につきましては本ホームページの「業界アップデイトダイジェスト情報」欄をご覧ください。
現在、外資系製薬会社から以下のような診療科を専門とされるか診療経験豊富な医師の求人がありますので、弊社へご相談のメールをお送りください。 メールからのコンタクトはここをクリックしてください。  

糖尿病・内分泌(Diabetology/Endocrinology)   
悪性腫瘍(Oncology)    
中枢神経(CNS)   
免疫(Immunology)  
循環器/血栓(Cardiovascular/Thrombosis)
鎮痛・麻酔(Pain control/Anesthesia/Terminal care)
内科全般(Internal Medicine)