製薬会社での医師の仕事

多くの専門性を持つ社員との協働の機会や社外顧客(医療従事者、規制当局等)との情報交換の機会が多くあります。

製薬会社での医師の仕事は大別して3種あります・・・その中から一つを主担当とします(主たる担当で成果責任を持ちますが、他の2種との連携はあります)以下はその3種の仕事の概要です。

社会のニーズに応える臨床開発計画書(治験プロトコール)の作成に貢献することが仕事の一部にあります。

臨床開発/Clinical Research

新薬の承認をとるための「臨床開発(治験)」に関する仕事です

「臨床開発」 

臨床開発の戦略策定のリーダーシップ、 開発候補品/新適応/治療方針の最適なポジショニング、国内/海外の会社スタッフとのコミュニケーション KOLとの折衝
(「臨床開発医師の仕事詳細はここをクリックしてください 
 


 

患者をクスリのリスクから守ることは社会や会社を守ることになります。このことに医学専門力を発揮します

安全性情報管理/Pharmacovigilance

開発品/市販品の安全性を評価する仕事です

「安全性情報」 

市販品・開発品の安全性情報の医学的評価と社内(国内/海外)及び社外顧客・ステークホルダーへの情報伝達の主管、KOLとの折衝、 業界/規制当局との折衝
(「安全性情報管理医師の仕事詳細はここをクリックしてください 

 

新しく市場に出た製品は経験の浅い赤ちゃんのようなもので、如何に成長させるかを医学専門力にかかっています。
育児ならぬ「育薬」に携わります。

メディカルアフェアーズ/Medical Affairs

市販品の使用方法・効果・安全性に関するエビデンスの構築をする仕事です

「メディカルアフェアーズ」

メディカルニーズの評価、新適応/治療方針の最適なポジショニング、国内/海外の会社スタッフとのコミュニケーション、KOLとの折衝、医療機関スタッフへの教育・啓蒙・情報提供、競合評価、ヘルスケア動向の分析

(「メディカルアフェアーズ医師の仕事詳細はここをクリックしてください